Peace Boat taking volunteers from Tokyo to Tohoku Area

Peace Boat

日本語

National AJET is coordinating with the NGO, Peace Boat, to send JETs wishing to volunteer in the Tohoku area. Peace Boat is working specifically in the town of Ishinomaki, in Miyagi prefecture. Each Friday for the next 3-4 weeks they will bring volunteers to Ishinomaki for one week shifts. Volunteers will help by: providing meals to those affected, helping at local evacuation sites, transporting goods, etc. Volunteers will work in teams of 5-6 people, with foreigner volunteer teams having a bilingual team leader.

Insurance options are provided and policies can be purchased at your pre-departure meeting.
If you are interested in volunteering please read the information below to see if you meet the requirements to volunteer. Finally, be sure to discuss when you will be absent from work and your leave situation with your supervisor before applying.

Conditions for Volunteering
1. You must be able to attend an orientation at the PB Tokyo office before participating. Orientations are every Wed/Sat. night from 6 p.m. At orientation, you can sign up for the week you want to volunteer, and PB will do their best to accommodate those requests. This means that even though you attend orientation on Wednesday, you may not be assigned to the group that departs two days later, on Friday. In fact, given the current number of volunteers, that is unlikely. You should expect some time in between your orientation and your departure date.
2. Volunteers must be able to communicate in Japanese without any linguistic assistance (interpretation) if they want to be sent to the affected areas.
3. Volunteers must pay for their own way. Transportation from Tokyo to Ishinomaki will be arranged for you, but you may be asked to pay for a portion of the costs. You must arrange your own transportation to Tokyo.
4. Volunteers will stay in camping areas in Ishinomaki, but should supply their own tents, sleeping bags, boots, food, supplies, etc. It is currently very, very cold in Ishinomaki. You should bring clothing with you that will keep you warm (layering is recommended), but that you also don’t mind ruining. Because transportation will be on a bus, space is limited. Please try to pack as compactly and efficiently as possible.
5. The number of volunteers that Peace Boat can send depends on how many buses can be arranged each week. The demand varies by what kind of work is needed, and how many volunteers can be supported. Only people who have attended an orientation will be asked about their availability when spaces open.
6. The volunteering numbers/situation may change, but this is the current plan. National AJET will continue to update when new information becomes available.

7. There is no regional restriction on who may volunteer or attend orientation, but because of the timing issues mentioned above, it may be difficult for individuals with placements that are far from Tokyo to volunteer at this time.

Apply

Please e-mail Peace Boat directly if you would like to volunteer. Your e-mail should have the subject line, “Peace Boat Volunteer.” Please be sure to include your name, age, gender, at least two orientation dates you can attend, and whether or not you require language assistance. More information can be found on Peace Boat’s website.
We must also remind all JETs that your contractual obligations stand. Your role in Japan is first and foremost as an educator or community relations officer. If your contracting organisation or school asks you not to volunteer, you should respect that decision. In addition, you will be responsible for discussing any absences with your contracting organization. Your schools are under no obligation to give you special leave, and most volunteers will need to use paid leave (nenkyuu) to participate. Keep in mind that relief efforts are going to take many months; even if you cannot get permission to volunteer now there may be other opportunities to volunteer during Golden Week, summer holidays and beyond.
As more opportunities for volunteering in the Tohoku region are identified, we will provide that information to the JET community as well.

——————————

Should you volunteer away from home?

  • You may be able to help more from home:

You can help from your prefecture by making material/monetary donations, doing fundraisers, donating blood or hosting displaced people through CouchSurfing.  Going to the Tohoku region isn’t something to do because you want to be a hero or because of peer pressure, it is a very serious decision.

  • Do not go to Tohoku without support:

Going alone without the support of a recognized organisation puts you and disaster victims in danger. Especially if you are untrained/unskilled, you can actually make matters worse.

  • Make sure you’re physically and mentally prepared:

AJET and the volunteer organisations ask you to seriously consider your physical and mental health. There will be things that you may not expect or want to see.  You will be doing heavy, physical labor after a very long journey by bus and communication in your non-native language in such an environment will put extra stress on you.

  • Make sure that you can afford to pay your own way:

You will be responsible for your own travel, accommodation, food, water and other basic expenses.Peace Boat recommends bringing c. ¥20,000 in cash. You will be responsible for the safekeeping of any valuables you bring.

  • Be prepared to stay in very modest accommodation:

It is likely that you will be camping near your work sites but accommodation may vary by location.

  • Be sure that you can can complete all work duties in addition to volunteering:

The volunteer dates may not fit your work schedule, if volunteer opportunities fall outside of spring break/Golden Week, you may not be able to go. Also your contracting organisation may not approve your request to do volunteer work/take nenkyu. If they do not approve, you should not go.

  • Be aware of the risks:

Peace Boat will do their best to make the trip safe for everyone, but please know that if anything happens, you are responsible for your own well-being.
Check http://ajet.net/?s=volunteering for more information about volunteering safely.


NGOピースボート・東北地方災害ボランティアの募集を開始

 


全 国AJET役員会はNGOピースボートと連携を図りながら東北地方の被災地でボランティア活動をしたいJETプログラム参加者の支援をします。宮城県、石 巻市に重点を置いて活動しているピースボートはを現時点から3-4週間の間、毎週金曜日にボランティアを1週間ずつ派遣します。ボランティア活動の内容は 主に次のとおりになります:被災者に食糧を供給、避難所でのお手伝い、支援物資の運送等。現地での作業は5、6人のチームわけで行います。外国人のチーム には必ずバイリンガルであるチームリーダーが付き添います。
保険加入の選択肢はありますので、出発直前のオリエンテーションで希望するプランを確認してください。
参加希望者は下記の条件・注意事項を満たしているかどうかをまず確認してください。なお、契約団体の了承を得た上での応募のみとなりますので、必ず各自のお勤め先とご相談ください。

ボランティア条件
1. ボランティアをしたい方は必ずピースボートの東京事務所で行われるオリエンテーションに参加しなければなりません。オリエンテーションは毎週水・土の18 時に行われています。オリエンテーションを終えた際に派遣を希望する日程をピースボートに伝え、ピースボートは可能な限りご希望に添って派遣の依頼をしま す。応募者多数の場合、オリエンテーション直後の出発日に派遣されないことも予想されるので、オリエンテーションから派遣まで時間が空いてしまう可能性を あらかじめご了承ください。
2. 被災地への派遣を希望する方は通訳を要しない程度の日本語能力が必要です。
3. ボランティアをするにあたっての費用はすべて自己負担となります。東京までの交通は独自の手配が必要となります。また、東京から石巻市への交通手段はピースボートが用意しますが、バスにかかる費用は割り勘でお支払いいただく可能性があります。
4. ボランティアは石巻市にあるキャンプ場で泊まることになりますが、各自でテント、寝袋、ブーツ、食料、その他必要なものを揃えてください。現在、石巻市は とても寒いです。防寒がしっかりとした、なおかつだめになってもいい洋服を用意してください。バスでの移動ですので、持っていく荷物の量はできるだけ少な 目が便利です。
5. 派遣される人数はその週によってピースボートが用意できるバスの台数、現地のニーズとキャパシティーによって変わります。ピースボートから派遣ランティア希望者への日程の都合についての問い合わせはオリエンテーションを終えた人のみにいきます。
6. 現時点で参加条件・ボランティア制度は上記のとおりです。また変更がありましたら、全国AJET役員会からお知らせします。

7. 応募者の住む地域に限定はありませんが、上記に述べられたオリエンテーションから派遣までの待機期間などからして、現時点では関東地域外に住んでいる方の参加は難しいかもしれません。

 

応募方法

ボランティアをしたい方は、直接ピースボートまでメールでお申し込みください。メールの件名を「ピースボートボランティア」と書いて、メール文内にはお名前、年齢、性別、参加可能なオリエンテーションの日付、そして通訳が必要かを必ず明記してください。

以 前AJETが発表した内容の繰り返しとなりますが、JET参加者は契約上の義務を果たす責任があります。皆様の日本での役割はまず国際交流員・指導者とし てです。任用団体にボランティアを遠慮するよう言われたら、その決断に反するような行為はお控えください。また、ボランティアをすることで休暇が必要にな れば、その調整は任用団体とご相談ください。特別休暇を与える義務は任用団体側にはありません。ボランティアの大半は有休(年休)を使って参加していま す。なお、災害支援ボランティアの支援は長期にわたって必要となりますので、現時点でボランティアができなくてもゴールデンウィークや夏休みにまた応募す る機会はあるはずです。

今後、東北地方でのボランティア機会が増えていくと予想されるので、JETコミュニティーが活用できる情報があれば全国AJET役員会からまたお知らせします。

——————————

県外でボランティア活動をすべきですか?

  • 県内でも被災地を十分支援できます

救 援物資、募金活動、献血をすること、Couch surfing を通して避難民を受け入れることなど全部県内で出来る事です。東北地方に行くことは仲間同士のプレッシャーを感じたから行く事や英雄になろうと思う事では ありません。東北に行く事は重大な決断です。決断をする際には十分に考慮して下さい。

  • 援助なしで東北地方へ行かないでください

認められたボランティア団体の助けなし、一人で被災地へ行くことはあなた自身や被災者を危険にさらしてしまいます。特に経験のない人が問題をじらせてしまう可能があります。ご了承下さい。

  • 心身ともに健全ですか

AJET やボランティア団体はあなた自身の健康状態についてしっかり把握することをすすめています。被災地の被害はひどく苛酷な労働条件に耐えなくてはならないこ とがあります。長い旅の後で厳しい肉体労働を命じられるほか、母国語でない言語でコミュニケーションをとるのはストレスの原因となります。

  • 旅費を払えますか

交通費、宿泊費、飲食費及び雑費などはご自身の負担となります。ピースボートは約2万円を持ってくるようを勧めますが、貴重品の管理は自己責任であることを了承ください。

  • 質素な宿舎に泊まる準備をして下さい

仕事場の近くにキャンプすることがあります、しかし場所によって宿舎が異なることがあります。

  • ボランティア活動で通常の業務に支障を与えてはいけません。

JET 参加者の仕事予定に合わないことがあり、ボランティア活動の期間は春休み及びゴールデンウィーク以外に行われる事があり、参加出来ない場合もあるかもしれ ません。また、あなたの任用団体はボランティア活動のために年休を取ることを認めない場合もある、その場合、参加出来ません。

  • 危険性を理解していますか

ピースボートは出来るだけ皆様の安全を確保します。
しかし、予期せぬ事態の場合、あなた自身の安全は自己責任になります。
安全なボランティアの詳細については、http://ajet.net/?s=volunteeringをご覧下さい。



National AJET